思い出を語うなら家族葬に確定|しめやかに

別れの準備

花

宮前区で故人の幅広い関係者を集めて葬儀を行う場合、一般葬を選択します。お葬式の準備は葬儀社に依頼して執り行ってもらいます。宮前区で葬儀社を探す場合、インターネットなどを利用することが可能です。費用体系の明確な業者を選択しましょう。

詳細へ

近くで供養をする

墓地

お墓とは離れて暮らしているときに、維持管理のためにお墓の引越しをするという方法があります。引越しをすれば、いつでもお墓参りが出来ると同時に、これまで使っていた交通費などの節約にもなります。引越しの際には、役所に改装許可を得ることが必要ですが、代行業者に任せることもできます。

詳細へ

遺品は整理しておこう

箱を持つ人

大阪市で遺品整理業者を利用するときには選び方があるのです。これは複数の会社に見積もりを出して調べる以外に、専門業者に依頼をしましょう。またお見積サービスを利用すると優良業者を簡単に調べられるので便利です。

詳細へ

後悔しない葬儀の形

woman

別れの時間を大切にしたい

必ず訪れる大切な人とのお別れの時。今までの繋がりに感謝し心からの冥福を祈る葬儀は、故人にとっても見送る人にとっても大切な時間です。様々なライフスタイルが広がっている昨今、葬儀にも「自分らしさ」を求める人が増えています。葬儀にはどんな形があるのでしょう。故人と関係のあった人に幅広く参列して頂く「一般葬」、近しい人だけで送り、後にお別れの会などを開く「密葬」、そして最近大幅にその数を増やしている「家族葬」です。葬儀当日は様々な面で気を遣い、慌ただしく時間が過ぎて行きます。大切な人とのお別れを、心残りのないようゆっくり行いたいという思いで「家族葬」を選ぶ人が多くなったのでしょう。形式にとらわれる事無く見送る事が出来る家族葬こそ、これからの葬儀の定番となるのかも知れません。

自分らしい葬儀とは

家族葬を行う時、何に気を付けたら良いのでしょう。まずは故人が家族葬を望んでいたかどうかです。生前、友人達と賑やかに過ごす事が好きだった人であれば「葬儀もたくさんの友人に見送られたい」と思っているかも知れません。逆に友人の皆様から、家族葬を終えた後訃報をお伝えした時に「なぜ知らせてくれなかったのか、お別れがしたかった」と言われる事もあるのです。このような事を防ぐ為にも、家族で葬儀に関して話しをしておく事をお薦めします。最近では葬儀会社も「終活」に力を入れています。どんな葬儀にしたいのか、誰に見送って貰いたいのか、はては精進落しのメニューまで、セミナーなどを開いて、一緒に考える機会を作っているようです。「葬儀の話をするなんて縁起が悪い」と思わずに、自分らしく人生を終える為に、元気なうちから考えておきましょう。